日焼け肌にレーザー脱毛はセーフ?アウト?

一般ではレーザー脱毛と呼ばれる医療脱毛。永久脱毛として自己処理の負担がなくなるので人気です。
しかし、脱毛を行うことにもいくつかの注意点があります。その中でも気にしなければならないのが日焼け。
日焼けした肌に脱毛の施術は行うことができないとよく聞きますね。実際のところはどうなんでしょうか?

基本的には日焼け肌には施術不可能!
日焼けの仕方にも色々ありますが、元の肌と比較した時に色の差がわかる日焼け、皮向けや赤みの出るような日焼けでは原則施術は受けられません。ほんの少し日焼けした程度なら施術可能な場合もありますが、担当の人によってはNGの場合もあります。

どうして日焼けしてはいけないの?
脱毛に通っている期間は日焼けをしないでくださいと言われることがほとんどだと思います。
脱毛では黒い部分に反応するレーザーを当てることによって施術を行いますが、日焼けした肌は普通の肌に比べ多少の刺激にも反応してしまう可能性があります。そのために日焼けをしないようにと言われるのです。

日焼けをしてしまったら?
日焼けをしてしまった場合、肌が元に戻るまでは施術を行うことはできません。肌が元の状態に戻るまでの時間を空けるため、1ヶ月以上は照射期間を空けたほうが◎です。軽い日焼け程度であれば1ヶ月空ける必要もない場合、すぐに照射を行うことができる場合もあるので、日焼けしてしまった場合はまず担当の方に肌の様子を見てもらうと良いでしょう。